Facilities

このページでは、成川研究室が所有している主な機器類を紹介します。成川研は光に関する研究を行っていますので、特に光に関わる装置を多く所有しています。近隣の研究者の方で、使用を検討したい場合は、気軽にご連絡ください。

①シアノバクテリア培養系

・シアノバクテリアの培養用インキュベーター(左)。蛍光灯やLED光源を用いて光を照射しています。

LEDに関しては、遠赤色光、赤色光、橙色光、緑色光、青色光の5種類を所有しており、様々な光質で培養が可能です(右)。

・遠心破砕機(下)。ガラスビーズなどを用いて、多検体を同時に破砕できます。DNARNAの抽出などに利用しています。

②大腸菌の培養、タンパク質精製系

・大腸菌の培養用インキュベーター(左)。5 Lフラスコの場合は1本、2 Lフラスコの場合は2本入れられます。

・タンパク質を精製するためには、細胞を破砕しなければいけませんが、ガスの圧力でフレンチプレスの様に破砕する機械を所有しています(左から2番目)。送液型なので、破砕する液量が多くなっても問題なく、また、取り外すことなく簡便に洗浄できるのが特徴です。

・タンパク質を精製するのには、高速精製可能な装置・AKTA PURE, AKTA prime plusを使用しています(右2つ)。

IMG_7730.JPG

③光関連装置

・波長可変光源(左)。様々な光質(430 nm〜790 nm)の光を照射することができます。光強度も制御できます。

・ルミノグラフ(中央)。蛍光、発光検出器。蛍光に関しては、R/G/B/UVの四種類の光源で励起できます。白色光源を用いて、通常のCBB染色ゲル写真などを撮影することもできます。

・吸光度・光学密度を測定するための分光光度計(右上)。積分球を持っているので、濁ったサンプルや個体の吸収スペクトルを測定することもできます。細胞の吸収スペクトルを測定するのにとても便利です。また、温度制御ユニットも持っていますので、温度に依存した反応を測定することもできます。

・蛍光スペクトルを測定するための分光光度計(右中)。波長可変光源を励起光として使用することで、簡便に様々なサンプルの蛍光スペクトルを測定することができます。

​・低温蛍光分光光度計(右下)。液体窒素温度下での発光・励起蛍光スペクトルを測定できます。光化学系の量比やフィコビリソームからのエネルギー遷移を測定することができます。

④その他

・サーマルサイクラー(左)。分子生物学では必須な装置ですよね。

・顕微鏡(左から2番目)。これも生物を扱う上では必須ですね。一般的な実体顕微鏡と光学顕微鏡があります。

HPLC(右から2番目)。小分子(ATP, cAMP)や色素(クロロフィル、開環テトラピロール)などの分離・定量に用いています。

​・エバポレーター(右)。溶媒を飛ばすのに使用。主に、色素の分析用に用いています。

IMG_7791.JPG